WordPressのSEO対策におすすめのプラグイン「Yoast SEO」

YoastSEOを使っていきたいと思った今日このごろ

こんにちは、フリーランスのアジサイです。
普段は写真撮影や動画撮影、そしてホームページ制作をしています。

今回はホームページ制作の際に必ず上がる話題「SEO」に関して、WordPressで使えるプラグインを紹介します。

紹介するのは「Yoast SEO」というプラグイン、All in One SEO Pack.というプラグインもありますが個人的にはYoast SEOをお勧めします。その理由も合わせてどうぞ。

Yoast SEO(ヨースト エスイーオー)とは

「Yoast For Everyone( すべての人にSEOを )」をコンセプトに、2008年に登場したワードプレス用プラグイン。
会社として、WordPressのコミュニティに貢献しておりコアな活動をしています。

Yoast SEOのGitを見るとWordPressの有名の開発者さんのお名前がちらほら…なんとYoast SEOの会社にはWordPressやPHPで有名な開発者さんがいるんです。

これだけでも十分に信頼性があるプラグインだと感じます。

何百万のサイトにインストールされて、成果を出している点も良いですよね。すんごい。

Yoast SEOの使い方

WordPressの管理画面からプラグイン>新規追加を押し、検索で「Yoast SEO」と入力すると以下のプラグインが出てきます。

プラグインをインストールし有効化します。

Yoast SEOはこれ

Yoast SEOを有効化すると、管理画面のサイドバーに「SEO」の表示が追加されます。ここから設定を変更していきます。

インストールしただけだとこんな感じ

検索での見え方を設定

検索での見え方を設定する

まずは検索での見え方を設定していきます。

これはGoogleで検索した際に、検索結果で表示される文言になります。

SEOタイトルはタイトル表示、メタディスクリプションはタイトル下にある文章になります。
検索時に表示されるので大事ですね。

このホームページだとこんな感じ

できることなら全てしっかりと設定したいところですが、SEOが初めてよくわからないという場合は、最低限コンテンツタイプ、タクソノミー、アーカイブは必ず開いて設定してください。

設定時は、直接文言を入力しても良いですが「Site title」や「Page」といったスニペット変数というものがあります。これを入力すると、自動で指定した内容が反映されます。

詳しくはこちらのページを見ながら設定してみてください。

Yoast SEOのスニペット変数公式ページ

ソーシャルの設定

ソーシャルでの見え方を設定していく

次にソーシャルので見え方を設定します。

SNSにシェアされた時にどう映るのか?といった挙動を設定できます。まずはソーシャルプロフィールを記入してください。

Facebookのタブを開いて、デフォルト画像を設定します。いわゆるOGP画像と言われるもの。ここで設定した画像がホームページ全体でベースになる画像となります。
これ際設定しておけばひとまずOKです。

facebookを開く

ツール

ツールは高度な設定

ツールに関しては、ちょっと高度な設定といった具合。最初のうちはそこまで必要ないことが多いですが、ホームページを運用していると必ず触る時が出てきます。

最初の設定では触る機会は少ない。

Yoast SEOのポイント

Yoast SEOを使うポイントとしてパンくずリストがあり、「ホーム > ウェブデザイン > Yoast SEOの使い方」みたいなやつのことです。

これの精度が高いこと、構造化データを出力してくれることの2点がとても便利。

PHPで構造化データを作ることもできるのですが、ちょっと手間なんですよね….JSON LDのルールに則ってデータを整形して最後はjsに出力する必要があり、トップページや記事ページ、固定ページ等で出力を細かく場合分けする必要があるので正直作るのはめんどくさい….

構造化データはGoogle側が仕様変更をしていくので、古い記事のパンくずリストをPHPで作るタイプのものについている構造化データは今だとエラーが起こります。この辺の対応も自分でやっていくのか、それとも自動でやってもらうのかという判断も必要です。

全て自動でやってくれるYoast SEOが最高です。

おわりに

Yoast SEOを絶対的に使うべきだ!ではなく、Yoast SEOってプラグインの選択肢が生まれると嬉しいです。

Yoast SEOに頼るばかりではなく、PHPでしっかりと作らなくてはと思いながらも後回しになっているので、構造化データ込みのパンくずリストを今後ブログに残そうと思います。