【Contax Planer 50mm F1.4】オールドレンズの王様?と噂のコンタックスプラナーの作例紹介

osaka_2020_14

こんにちは、あじさいです。
オールドレンズにハマってしまい、50mm近辺を買いあさっています。

その中でずっと欲しかったレンズを買って、作例が溜まってきたのでご紹介します。

Contax Planer 50mm F1.4

調べると「標準レンズの帝王」「空気を映す」とカメラを知らない人でもおおっ!!と思うような紹介がされている、コンタックスプラナーの50mm f1.4を購入しました。

Carl Zeissのレンズが好きで色々調べていると出会ったこのレンズ。

安価にCarl Zeissの写りが体験でき、このレンズ自体もとても素晴らしいと…これはもう買うしかないですよね…!!

ということで、メルカリで購入しました!

実際に撮ってみて感じる、空気を映すと言われる意味

Contax Planer 50mm F1.4

上の写真すんごくないですか….
暗所から明るい部分への緩やかなグラデーション、日が落ちた直後の青白い夜の中、川、岩、浴衣、それぞれの青を綺麗にだしてくれています。

この質感たまらない…!!

明るい場所で撮るとこんな感じ。
ボケ感!!!最高!!!

Contax Planer 50mm F1.4

このボケ感がたまらない…
はっきりとボケるレンズも好きですが、この緩やかなボケも素敵ですね。

玉ボケは少しレモン型っぽくなります。

Contax Planer 50mm F1.4

これはしっかりレタッチした写真。
トリミングをしてないので、鏡の向こうに映り込んでいる自分 笑

元々の色の発色が良いので、夜の街でもこんな素敵なレタッチができちゃいます。

この写真以外にもティールオレンジっぽい編集をしたのですが、とても相性が良いです。

最後に

Contax Planer 50mm F1.4最高です…

ファインダーを覗いた瞬間に、空気が映るってこういうことなんだなと感じてしまいます。

オールドレンズで人気のフレアやゴーストはほぼ出ませんが、しっかりと映るってのが好きです。

もっと写真うまくなってこのレンズの魅力を知りたいなー!ではまた!