Amazon Primeのサービスを改めて確認してみた 前編

Amazon Prime

Amazon Prime会員になってはや数年。
便利ってのはわかってるんですが、何をつかえたっけ?という感じでサービス内容をまるで把握していません。

これでは良くないなと思ったので、改めて確認してみました。

Amazon Primeの基本情報

サービスの価格は月払いと年間払いで選べます。年間払いの方が、ちょっとお得です。

  • 500円/月
  • 4900円/年

学生だったら、Prime Studentが適用されて半額になります。安すぎ。
私の場合は4900円/月の年間払いにしており、4900円で全てのPrimeサービスが受けられる状態です。これがいかにお得で素晴らしいかが今からわかる…はず…

さて、サービスを全て書いていきます。

会員限定先行セール

タイムセール特価商品を、通常の開始時間より30分早く注文できます。

これのおかげですっごいお得な商品とか欲しいものがゲットできるので最高です。
でも実際はプライム会員が多くて、どれだけ良いのかはわからない。

どれくらいお得になっているかわかる

実際どのくらい得してるん??って感じると思います。
なんとアマゾンプライムだったら自分がどれくらいお得になっているか金額を確認できます。
↓こちらのURLにアクセス
https://www.amazon.co.jp/amazonprime

Amazonプライム会員情報をクリック

会員情報をクリックすると会員情報等を確認できるとともに、下記のような表があり具体的にいくら節約できたのかが確認できます。

私の場合は、今年amazonではそんなに買い物していないのに万単位で節約できていました。最高。

白いところはなんとなく秘密、ちなみに合計額から引き算したらバレる

お急ぎ便・日時指定が無料、配送料も無料

プライム会員はこれだけでも十分お得な気がします。
不在配達がめちゃくちゃ減りますし、配送料無料って部分もかなり大きいです。

金額表示だけで見ると他通販サイトの方が安くても、配送料を考えるとAmazonで買った方が良いよねってことも結構あります。

Prime Video

言わずと知れたアマゾンプライムのサービスで一番メインの映画・テレビ番組視聴サービス。
最大の特徴は、Amazon Primeのサービスの一部ということ。他ネット動画サービスだと映像視聴のみで月額料金がかかるところが映像視聴以外もできるという点。

サービスによってみられる映像が違うのでどれが良いとは一概に言えませんが、個人的には大満足の内容です。

映画やアニメはもちろん、Amazonオリジナル作品がめちゃくちゃ面白いです。THE BOYやトゥモロー・ウォーといった話題性抜群の作品が多くあります。

新作映画の公開に合わせて、シリーズや監督の過去作が見放題になるもの魅力の一つです。
今だと細田守さんの「竜とそばかすの姫」が公開されたので、監督の過去作であるサマーウォーズやバケモノの子が見放題になっています。

Prime Reading

Kindleで小説・漫画・ビジネス書・雑誌が読み放題のサービス。
毎月レパートリーが変わりますが、常時数百冊が読める状態です。

雑誌は古いものも多いですが、ビジネス書については名著と呼ばれるものや個人的に買うまでいかないけど読みたかったというものが多く、月に数冊読んでいます。
PIXARのお金の話が無料で読めた時期があって、ずっと読んでみたかったのでテンション上がりました。

漫画や小説は、古い作品はもちろんあるのですが最近出たばかりのものやラノベ関係のものもありジャンルの幅が広いので新しいジャンルに出会えることが面白いところ。

Kindle Unlimitedにアップグレードするとかなりの数が読めるようになります。

amazon music

200万曲以上が楽しめる音楽配信サービス。
音楽だけでなくPodcast等もあり、広告なしでオフライン再生もできます。かなり十分….!!

200万曲って部分が少し少なく感じますが、好みの曲があれば十分ですね。

がっつり聞きたい!って方にはアップグレードすると7000万曲聴き放題になります。

私はプレイリストを作ってよく使っています、新しい曲はiTunesで購入しているのでうまいこと使い分けてます。

amazon photo

個人的に一番ありがたいサービスであるアマゾンフォト。
特徴は大きく3つ

  • 複数デバイスでアクセス可能、スマホ・タブレット・ PC全てに対応
  • 解像度や品質を落とさずにアップロード可能
  • 容量無制限

クラウドストレージサービスで、4900円の中に含まれているのに容量無制限で解像度がおちないってはんぱないですよね….
しかも、写真はもちろん、動画もアップできます。神かよ。

個人的な使い方は、インスタ等のSNSでシェアしやすいようにレタッチ後の写真を全てアップロードしています。
PCでレタッチ→amazon photo→スマホでインスタ投稿、モデルさんへ共有。と言った感じです。

容量無制限でクラウドストレージなので、バックアップの意味合い含めガンガンアップしてます。

なんとまだ半分いってない

よく聞くサービスはこんな感じです。
これだけでも「4900円は安い」と感じるのですが、まだまだあります。まだまだアマゾンプライム会員のサービスがあります。

ここらへんで記事を分けようと思います。