【ダンメモ】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかのスマホアプリがおすすめすぎる

ダンまちの公式サイト

こんにちは、けーすけです。
完全に趣味のお話。

スマホアプリなら場所を選ばずちょっとした時間で遊べますね。
アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」にどハマりしまして、そのスマホアプリ「ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜」略してダンメモを日々やっているわけです。

周りにやっている人が少ないので魅力をお伝えしましょう!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまちの小説公式サイト

元々は小説投稿サイトArcadiaに投稿されていたもので、その後数々の賞を受賞し、2019年現在ではシリーズ累計900万部の売り上げを誇っています。
本の売れないこの時代にとんでもない….

初の書籍化は2013年だったらしく、2019年にAmazon Primeで知った自分は6年遅れでした笑

週刊少年ジャンプかな?と思うくらいの正統派なストーリーが最高!

タイトルだけ見ると萌えアニメかな?と感じてAmazon Primeでずっと避けていましたが、深夜になんかみようかなーと軽い気持ちで見てみると…実際は週刊少年ジャンプのような正統派アニメでした。

主人公の目標に対する成長したい気持ち、それを受け止める神ヘスティアの慈愛の精神。とても素敵….
個人的にはBGMが結構好きな雰囲気でした….

アニメは第3期が終わり、外伝的アニメも1期、映画も1本でている超人気作です。

なんとアニメ第4期の制作も発表され、原作ファンが一番見たい部分がアニメ化されるのでワクワクが止まりません。

スマホアプリ ダンメモ

ダンメモこと、メモリア・フレーぜ

ダンまちの特徴の一つとして、キャラクター1人1人がとても魅力的で設定やストーリーを持っています。

そんな魅力的なキャラクターがより詳しく知ることができるのが、「ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜」略してダンメモ!です。

ストーリーと季節イベントがフルボイスになっており、アニメでは出番が少なかったキャラクターも季節イベントでは活躍するのでまた違った楽しみ方ができます。

ちなみに、主人公ベル・クラネルの声を担当している声優・松岡禎丞さんがこのアプリのセリフが多すぎてギネス記録に認定されたほどのフルボイス具合です。

ストーリーでは、アニメでは出てこなかった話が織り交ぜられておりアニメを楽しんだ方でもとても楽しめるようになっています。

なにより、原作でも語られていないストーリーがダンメモの限定ストーリーとして公開されています。
本何冊分なの?ってぐらい骨太な物語なので最高です。

これはもう….やるしかないですね!

まとめ

ダンメモは楽しい。